もろもろまとめ

2021年04月

1: 令和大日本憂国義勇隊(栄光への開拓地) [US] 2021/03/29(月) 18:44:28.78 ● BE:828293379-PLT(13345)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_syobon02.gif
Google翻訳

中国の増大する火力は、米国が台湾を守ることができるかどうかに疑問を投げかけている
戦争ゲームでは、中国が勝つことが多く、米国の軍艦や航空機は寄せ付けません。
NBC By Dan De Luce and Ken Dilanian 2021年3月27日19:01JST 長文です続きはリンク先へ
https://www.nbcnews.com/politics/national-security/china-s-growing-firepower-casts-doubt-whether-u-s-could-n1262148

ワシントン?中国の大規模な武器増強は、戦争が勃発した場合に台湾を守るアメリカの能力に疑問を投げかけた。これは、かつてアメリカ軍が支配していた太平洋における勢力均衡の変化を反映している、と米国当局者と専門家は言う。

中国が台湾を侵略しようとする模擬戦闘では、結果は冷静であり、米国はしばしば敗北する、とランド研究所のシンクタンクで国防総省の戦争ゲームを実行するのを手伝う元国防総省の高官であるデビッド・オクマネクは言った。

中国に似た「赤いチーム」と対峙する「青いチーム」としてのアメリカとの卓上演習では、台湾の空軍は数分以内に一掃され、太平洋全域の米国の空軍基地が攻撃を受け、アメリカの軍艦と航空機が寄せ付けられません。中国の広大なミサイル兵器の長い到達によって、彼は言いました。

「私たちのシミュレーションと戦争ゲームの青いチームが決まった方法で介入したとしても、彼らは常に侵略を打ち負かすことに成功するとは限らない」とオクマネクは言った。

台湾をめぐる戦争は、当局が差し迫っていないと言う最悪のシナリオのままです。しかし、中国の軍事力の高まりは、その積極的なレトリック(差し迫ていない虚言という意味)と相まって、台湾を北京とワシントンの間の潜在的な引火点に変えつつあり、米国が中国の超大国の野心にどのように立ち向かうかについてのテストケースです。

米軍のインド太平洋軍の退任長であるフィリップ・デービッドソン提督は今月上院議員に、米国は中国に対する軍事力を失いつつあり、北京は2027年までに台湾の支配権を掌握しようと試みる可能性があると警告した。

「我々は、我々の軍隊が効果的な対応を提供することができる前に、一方的に現状を変えるように中国を勇気づけるかもしれないリスクを蓄積している」と提督は上院軍事委員会に語った。

「台湾は明らかに彼らの野心の1つです。...そして、脅威はこの10年間、実際には次の6年間に明らかになると思います。」

続きを読む

1: いたやどかりちゃん(SB-Android) [ニダ] 2021/04/01(木) 06:50:11.76 ID:6WGmaMBS0 BE:866556825-PLT(20500)
フォルクスワーゲン“重大発表”が波紋呼ぶ
https://news.yahoo.co.jp/articles/b99c51ea0d0f23e666207a87394bd7e553f8401d

ドイツの自動車大手・フォルクスワーゲンのある重大発表が思わぬ波紋を呼んでいます。

フォルクスワーゲンのアメリカ法人は30日、社名を「ボルツワーゲン」に変更するとホームページなどで明らかにしました。「ボルツワーゲン」とは新型の電気自動車の発売に合わせ、電圧の単位である「ボルト」と「フォルクスワーゲン」を組み合わせた名前だとしています。

この発表を受け、フォルクスワーゲンの株価が5パーセント近く上昇するなど株式市場にも影響が出ました。

しかし、その後、フォルクスワーゲンはこの発表がエイプリルフールに先駆けた冗談だったと発表。広報担当者は「新モデルの電気自動車を話題にしてもらうためのマーケティングの一環だった」と釈明しています。

続きを読む

1: 令和大日本憂国義勇隊(栄光への開拓地) [SA] 2021/03/31(水) 23:46:31.74 ● BE:828293379-PLT(13345)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_syobon02.gif
2021年3月30日、観察者網は、米国でアジア系男性が地下鉄で暴行を受ける事件が新たに発生した上、ネット上では「ざまあみろ」といった声が上がっていると報じた。

記事によると、ニューヨークの警察当局は29日、現地の地下鉄車両内で黒人の男がアジア人男性を一方的に殴る様子を撮影した動画をツイッターに掲載し、情報提供を
呼び掛けた。動画には黒人の男がアジア系男性に殴りかかり、当初はアジア系男性も応戦したもののやがて抵抗できなくなって一方的に20発ほど殴られた挙句、
腕で背後から首を絞められて意識を失い倒れる様子が映っていた。

記事は、車両には2人以外にも多くの客が乗っていたにもかかわらず、誰一人として男を制止したり、2人を引き離したりせず、中にはあおり立てるよう指笛を鳴らす者までいたとしている。

また、警察当局のツイートに対してつけられた数千件のコメントの中で「黒人の男による暴力を非難するコメントはいくつもなく、ほとんどが暴行を受けたアジア系男性を
ののしるものだった」とし、その多くがアジア系男性に黒人を差別するような発言があったと主張していることを紹介。そして「殴られるのは当然」「ざまあみろ」との声が寄せられていると伝えた。

一方で「数少ない擁護者」からは、「『あれ』を指す『那個』(ナーゴ)という中国語の発音が黒人を差別する言葉に似ているために起きた誤解であり、被害男性は差別的な
発言をしていない」との主張が見られたとし、両者の間で「発音が似ているか似ていないか」の論争が繰り広げられる事態にすらなっていると紹介した。

記事は、米国内でアジア人に対する暴行事件が相次ぐ中、体を鍛えたり、護身術を習ったりして自分を強くするほか、銃を購入するなどして自分を守る必要があると主張。
「強い体と銃による武装こそ、最も頼れるパートナーなのだ」とするとともに、「アジア人蔑視の早急な撲滅を願う」とした。(翻訳・編集/川尻)

https://www.recordchina.co.jp/b874236-s25-c30-d0193.html

続きを読む

このページのトップヘ