もろもろまとめ

2021年08月

1: ベンガルヤマネコ(東京都) [US] 2021/07/28(水) 22:57:38.59 ID:3ENPghy/0● BE:295723299-2BP(4000)
sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
【知ってる?】橋本大輝、幼い頃は実家の田んぼ手伝いで30キロの米を運びトレーニング
7/28(水) 22:25
配信
スポーツ報知

体操男子個人総合で金メダルを獲得し、喜ぶ橋本大輝(ロイター)
no title


 橋本大輝(順大)が個人総合で金メダルを獲得した。

 最初の種目の床運動で14・933点を出して幸先良いトップスタートを切ると、2種目のあん馬でも15・166点の高得点で首位キープ。4種目目の跳馬を終えて4位まで順位を下げたが、5種目目の平行棒では15・300点を叩き出して3位に浮上し、最後に得意な鉄棒で大逆転を演じ頂点に立った。内村航平の2連覇に続く日本勢3大会連続Vだ。

 団体では、主将の萱和磨、谷川航(ともにセントラルスポーツ)、北園丈琉(徳洲会)とともに決勝を戦い、銀メダルを獲得した。金メダルのROCには0・103点差で敗れたものの、最終種目の鉄棒で見事に着地を決め、こん身の演技を見せた。

 内村も期待する19歳が、2つのメダルを手にして日本の新エースに名乗り出た。

 ◆橋本大輝アラカルト

 ▼生まれとサイズ 2001年8月17日。千葉・成田市。166センチ、57キロ。

 ▼競技開始 6歳

 ▼主な成績 市船橋高在籍時の18年全国高校総体団体2位、個人総合2位。19年世界選手権に白井健三以来、史上2人目の現役高校生で出場し、団体銅メダル。同年個人総合スーパーファイナル優勝。

 ▼日課 体操ビデオを見る。初めてテレビで見た13年世界選手権は「全選手の得点が言える」ほど見返す。

 ▼性格 負けず嫌い。小学校低学年の頃は指導者に危険だと止められても、兄のやっている技を「俺だってできるのに」と主張。

 ▼農業 幼い頃は実家の1・8ヘクタールの田んぼの手伝い。1袋30キロのお米を運んでトレーニング。

 ▼家族 父・久一さん、母・祥子さん、5歳上の兄・拓弥さん、3歳上の兄・健吾さん。
https://news.yahoo.co.jp/articles/0befe3b43fb5f04737c29c62a0e667c12dfc91b6

関連

【速報】日本体操団体男子銀メダル!!!!!最後は完璧な演技! [295723299]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1627303754/

続きを読む

1: シンガプーラ(アメリカ合衆国) [JP] 2021/07/28(水) 18:56:54.41 ID:p0GD+DhV0● BE:518031904-2BP(2001)
sssp://img.5ch.net/ico/konkon_face.gif
夫が妻の浮気セ○クスの最中に殴り込み。
男を刺し、続けて妻をメッタ刺しにする防犯カメラ映像。

https://dotup.org/uploda/dotup.org2546735.mp4

続きを読む

1: ジャガランディ(神奈川県) [CN] 2021/07/28(水) 07:36:14.47 ID:CIGinPYZ0 BE:844628612-PLT(14990)
sssp://img.5ch.net/ico/ps3.gif
「空母化」進める護衛艦いずも、米「F35B」発着訓練を年内実施へ…中国けん制の狙い : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210727-OYT1T50355/

政府は、事実上の「空母化」に向けた改修を進める海上自衛隊の護衛艦「いずも」で、米軍の最新鋭ステルス戦闘機「F35B」による発着訓練を年内にも実施する方向で検討に入った。
米軍との将来的な共同作戦を想定したもので、東シナ海や太平洋への進出を強める中国をけん制する狙いがある。

いずもは海自最大級の護衛艦(全長248メートル、基準排水量1万9950トン)で、短距離滑走での離陸や垂直着陸ができる米国製F35Bの発着を可能にするため、改修を行っている。
飛行甲板を耐熱塗装するほか、発着時に乱気流が生じないよう艦首の形状を変更する。改修は2回に分けて行われる計画で、1回目の耐熱塗装などは、おおむね終了したとみられる。

政府の中期防衛力整備計画(中期防)では、2023年度までにF35Bを18機導入し、24年度から運用を開始することになっており、日本は現時点ではF35Bを保有していない。

このため、既に米軍岩国基地(山口県岩国市)に配備されている米海兵隊のF35Bを使った発着訓練を実施し、改修した耐熱甲板などのテストを行う方針だ。
米軍の運用技術を習得し、将来的には自衛隊のF35Bが米艦船で発着することも視野に入れる。

以下略

続きを読む

このページのトップヘ