1: スフィンクス(シンガポール) [EU] 2021/01/17(日) 04:37:06.49 ID:adSqDZO50● BE:976717553-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
(前略)

ともあれ中央教育審議会での部会などを経て、検討事項は「わずか一度だけの試験では公平性を保てないので、数回の受験機会を与える」、「試験実施、すなわち出題と採点を民間業者に委任してもよいのでは」、「できれば私立大学受験者も受けることができるようにする」、「試験問題に記述式の試問も課す」などに集約されていった。

(中略)

「公平さ」をめぐる批判はもともとあった
そもそも民間試験や記述式の導入に対しては、受験に強い高校の多い地域とそうでない高校が多い地域とで、地域間の格差が生じるのではないか、または費用がかかる以上、経済的な環境に左右されるのではないか、といった「公平さ」をめぐっての批判がくすぶっていた。そこに、大臣自ら格差を是認するような発言が飛び出して、流れが変わったのである。

(中略)

入試改革に立ちはだかる問題とは、もちろん試験の場のみの「公平さ」を問うものだけではない。たとえば、大学側の問題も大いにある。

なぜ共通一次試験が導入されたのかという理由を探れば、当時、各大学の出す問題に奇問・難問が増え続け、収拾がつかなくなっていたため、との見解が一般的だ。そこで全国から選ばれた教授が討議に討議を重ねて、良問づくりに励む体制をつくるべきでは、という意向が各所より高まり、共通一次の試験問題が生まれたのである。

(中略)

このように考えてみると、つまるところ、入試問題に奇問・難問が増え続け、収拾がつかなくなった事態を招いたのは、それを作成する側に問題があったと言わざるをえない。加えて、自分のところで「どういう学生を入学させたいか」ということを本気で考える熱意が教授全般に薄く、入試を問題作成と採点、合格者決定を担当する入試委員会などに一任するところがあった。それでいて外部(たとえば高校、政治・経済界、マスコミ関係)の人からの意見や要望を聞いたり、社会情勢に合わせたりすることなく、一人よがりで入試を行っていたにすぎない。

要するに、教授側が「入試とはどうあるべきか」といったことにほとんど関心を払ってこなかったツケが今、回ってきているのである。

(中略)

第二に入学者の選抜を、学力の高低という基準だけで行うことへの検証や反省がほとんどなかったことも否めない。

外国の大学、特に英米の大学の多くにはアドミッション・オフィスという部局が存在する。そこは入試事務を担当するだけでなく、「自分の大学にどういう学生を入学させたいか」ということを日頃より検討しており、それにふさわしい人を入学させるための対策を実際に企画・実行するという役割を担っている。個別の各大学が入試問題を作成・採点する方法を採用していないからこそ、アドミッション・オフィスの仕事は重要になるのだろう。

一方、日本の大学はあくまで一発入試を主軸として入学者の合否を判定してきた。今になってその弊害が目立ち始めている。

2: スフィンクス(シンガポール) [EU] 2021/01/17(日) 04:37:25.80 ID:adSqDZO50 BE:976717553-2BP(1000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
新刊『大学はどこまで「公平」であるべきか』で詳述したが、学力による一発試験で選抜する方策は、「試験の点数差だけで合否が決まるという非情さが、一方で公平性の担保になる」と大学のみならず、日本人の多くが固く信じてきた。この金科玉条の精神が、むしろ外部からの改革要求に対しての砦となってしまったことは否めないだろう。

面接試験や推薦入試、一芸入試などは、選抜が恣意的になるので「公平に評価されない」という議論が起きやすい。「高校からの内申書を重視せよ」との声に対しても、そもそも高校間で学力差があるので「公平に評価されない」との反論がなされうる。だからこそ、学力試験が持つ「公平さ」が絶対の価値を保ち続けられた。

しかしマークシートなどに頼った問題だけでは採点における「公平さ」は担保されても、どうしても記憶力に頼る面が強くなる。それでは受験生の思考力や表現力を試すことができないのでは、といった指摘が社会の変化に応じて徐々に増えていき、結果「より記述式の問題を導入するべき」との主張がなされるようになった。

加えて少子化が進む一方で大学数が増加した結果、それまでの局面とは異なり、そもそも各大学が学生数を確保することが困難になっていく。そこで学生確保のための対策として、一発試験以外の方式を積極的に導入するようになり、同時に入試依存による合否判断についても、変化を受け入れざるを得ない状況が生まれたのである。

(全文はWebで)
https://president.jp/articles/-/42379?page=3

3: スペインオオヤマネコ(新潟県) [US] 2021/01/17(日) 04:41:51.58 ID:BtYpFLoV0
LGBT優先で

4: パンパスネコ(徳島県) [US] 2021/01/17(日) 04:50:39.60 ID:z0AypppZ0
共通一次が始まる前はB4の解答用紙にアフリカ大陸の海岸線を描けみたいな問題が出されていたという

5: サバトラ(東京都) [US] 2021/01/17(日) 04:53:19.07 ID:lyUXXAMN0
マスクにメモ書きまくっていけばいいだろw

6: メインクーン(東京都) [ニダ] 2021/01/17(日) 05:09:41.21 ID:X90rbQHB0
秋にテストしろ

7: トンキニーズ(東京都) [EU] 2021/01/17(日) 05:18:27.17 ID:VCy7RjTX0
小学生からSAPIX行って塾漬けの奴しか東大入いれなくて
東大卒で挫折する奴が増えた
コミュニケーションで失敗するって
和田秀樹は言ってたけどね

10: スミロドン(東京都) [JP] 2021/01/17(日) 06:17:28.14 ID:59HHMI+A0
>>7
>入いれなくて

なるほど
東京大学否定派の学力はこんな感じかw

8: ボブキャット(やわらか銀行) [US] 2021/01/17(日) 05:23:19.34 ID:vfQ6/kXK0
勉強したいのに私を入れないのは差別だ

9: マンチカン(北海道) [CN] 2021/01/17(日) 05:39:24.98 ID:Y/ycoZAL0
中高一貫校で中学生のときは中学までの授業しかしないように
規制かければいいんじゃね

11: ボルネオヤマネコ(奈良県) [FR] 2021/01/17(日) 06:23:19.48 ID:dtjvJsjD0
記憶力だけが良い発達障害が高学歴ってだけで世に放たれて、社会が迷惑てるからちゃんと選別しましょうって主旨だろ。

12: アメリカンカール(愛知県) [FR] 2021/01/17(日) 06:29:31.02 ID:/yvBsbXl0
記憶力がいいヤツ、ガリ勉出来るヤツはそれはそれで役に立つ能力を持ってるわけだから
単純に否定はせんが、人材には多様性が必要だからね
一番記憶力のいいヤツに組織のリーダーを任せましょう、とはならんだろ

13: サーバル(沖縄県) [KR] 2021/01/17(日) 06:38:21.78 ID:Px9DP4Mn0
>>12
人材の多様性は大学の生徒に必要な能力ではないだろ
逆に言えば企業も学歴偏重で人間性で判断してないのも問題なんだろうけど

14: アメリカンカール(愛知県) [FR] 2021/01/17(日) 06:42:04.39 ID:/yvBsbXl0
>>13
社会には多様な高学歴人材が必要だから、大学はそういう人材を教育して
世の中に送り出す義務があると思う

15: スミロドン(東京都) [JP] 2021/01/17(日) 06:44:01.10 ID:59HHMI+A0
>>14
それは大学によるんじゃね?
社会に役立つ人材の育成を掲げる大学か
それとも学問の追求を目指す大学なのか

大学で十把一絡げにしていいもんなのかな

16: トラ(東京都) [US] 2021/01/17(日) 06:44:01.55 ID:MVB0AK6e0
日本の大学は学びたい人が行くところじゃないのが問題

17: アンデスネコ(千葉県) [KR] 2021/01/17(日) 06:51:51.17 ID:OnHYCt8a0
入試をなくして入りたいところに行かせて、そのかわり大学での講義レベルについて来れないやつをガンガン落とせばいいじゃん。

18: ジャパニーズボブテイル(東京都) [US] 2021/01/17(日) 07:35:42.95 ID:qpV0N3g+0
こんだけ長文で何が不公平なのか書かれてない。
0点。